野外研修医療プロトコル

株式会社信州アウトドアプロジェクト

1.⽬的
この医療プロトコルは、野外研修を行う特殊な環境(❶医療従事者による処置を受けるために⻑時間かかり、❷⻑時間にわたり厳しい⾃然環境にさらされ、❸持ち合わせている医療器具に限りがある場合)で、傷病者が最善の処置を受けるために、処置の⼿順と範囲を⽰すと共に、その責任を、参加者、主催団体、弊社、及びスタッフと共有し、分散するためのものです。

 

2.医療プロトコル発動までの⼿順
   (1)問題が起こった場合、現地の責任者に通信機器で報告し、責任者の指⽰に従う。
   (2)問題が起き、現地に通信器機がない場合、その場に待機し、後続の通信器機を持つスタッフ、もしくは最後尾担当スタッフの到着後、

         (1)のプロトコルに従う。
   (3)問題が起き、現地に通信器機がなく、特殊な環境にさらされることが判断された場合、以下のプロトコルに従う。

3.医療プロトコル
   (1)傷病者に問題と処置の内容を説明し処置を開始する了承を得る。
   (2)過去に受けたことのある応急処置のトレーニングの範囲で処置をする。
   (3)現場で考えられる最善の処置をおこなう。

4.処置をはじめなくてよいとき
   (1)処置を開始することによって、⾃分及びその他の参加者が決定的な危険にさらされるとき。
   (2)明らかに⽣存の可能性がないとき。
   (3)傷病者が正常な精神状態で処置の開始を了承しなかった場合。

5.処置をやめてよいとき
   (1)問題を除去できたとき。
   (2)⾃分よりも医療技能の優れたスタッフが現場に到着したとき。
   (3)処置を継続することによって⾃分及びその他の参加者が決定的な危険にさらされるとき。

 

(以上)

389-2703 長野県下水内郡栄村堺6032-1

0269-87-3387

Copyright © shinshu outdoor project All Rights Reserved.

  • Facebook